料金表(実用新案)

 一般的な事務所では無制限に手数料が加算されてしまうサービス(出願書類作成)について、当事務所では原則として手数料の上限を設けております。

 これにより、予定外の出費があるかも知れないというお客様の不安を、出来るだけ取り除きたいと考えております。

出願段階に関する料金

項目 手数料または印紙代

出願書類 基本作成料

(技術検討料を含む)

150,000円

(国内優先権出願:95,000円)

(分割・変更出願:75,000円)

明細書作成 加算料 7,000円/ページ数
請求項作成 加算料 4,000円/請求項数
図面作成料 4,000円/図数~実費額相当
オンライン出願手続

無料

実用新案登録出願 印紙代 14,000円
3年分の実用新案登録料 印紙代 (2100円+100円×請求項数)×3

  出願書類作成は、加算料や図面作成料を含め、原則として25万円以内といたします。

 (25万円を超える分の料金は、弊所が負担いたします)

但し特殊なご指示がある場合・業務量が非常に多くなる案件など、特別なケースは要相談となります。

※「基本作成料」は、願書、明細書(1頁分)、特許請求の範囲(1請求項分)、要約書の作成料を含みます。

※「加算料」や「図面作成」は、先行出願の流用等が可能な場合、無料または割引となります。

※「簡易先行技術調査」をご希望の場合は、30,000円(出願ご依頼となった場合は5,000円に減額)

  お受け致します。

※「新規性喪失の例外の適用申請」をご希望の場合は、20,000円~40,000円の申請手数料が必要と

  なります。

印紙代は非課税です。印紙代以外は、別途消費税が加算されます(以下の料金も同様)


出願後に関する料金

項目 手数料または印紙代
出願後の補正指令への対応 無料
成功報酬(謝金) 無料
実用新案技術評価請求 18,000円
実用新案技術評価 印紙代 42,000円+1,000円×請求項数

※ 「実用新案技術評価」に関する手続は、特許庁へ技術評価を請求する場合に必要となります。


登録維持に関する料金

項目 手数料または印紙代

4年目以降の実用新案登録料

納付・管理

納付手続ごとに 9,000円

4年目以降の実用新案登録料

印紙代

4~6年目の各年:   6,100円+請求項数×300円

7~10年目の各年:18,100円+請求項数×900円


上記以外の料金につきましては、別途お問合せください。